資料請求・お問い合わせ

デザインやロケーションだけじゃない。自然素材を活かした別荘

海の近くや森の中等、大自然に囲まれた土地につくられることの多い別荘。そんな別荘が、化学的な素材ばかり使われてできていたら、せっかくの別荘でのリラックスタイムが台無しになってしまいますよね。身体にも良い自然素材をたくさん使って別荘をつくりたい人は多いのではないでしょうか。とはいえ、自然素材を使用するからこそのデメリットもあるもの。そこで今回は、別荘に合わせて最適な素材の選択をするためにも、自然素材の家についてご紹介したいと思います。

自然素材でできた家とは

自然素材の家とは、一般的には、その名の通り漆喰やフローリング等の無垢材に代表するような天然の素材を使用した家を示します。ただ、自然素材をどの程度、どのように使っているのかは人により違うため、「自然素材の家が建てたい」と建築業者へ依頼する際は、具体的に何をどの程度使うのかをしっかり事前にすり合わせておくことが重要です。そうでなければ、ほんの一部に自然素材が使われているだけで、「自然素材の家を建てた」ということになってしまい兼ねません。

化学物質を含んだ素材が引き起こす可能性のある病気

シックハウス症候群
化学物質による空気汚染のほか、カビやダニ・細菌、ストーブを焚いた際に発生する二酸化炭素や一酸化炭素、たばこの煙等の様々な有害化学物質により引き起こされる症状のことです。現代の住宅は気密性や断熱性も高いため、空気がこもりがちになり、こういった化学物質が発生してもそれを逃すことができないつくりになってきています。シックハウス症候群の主な症状としては、鼻水やのどの痛み、吐き気や頭痛・湿疹等人により様々なものがあります。

自然素材にはどんなものがある?

漆喰
漆喰とは、消石灰を原料としてできた素材で、基本的には壁に使用されます。緻密な漆喰の壁は時間が経つほど硬くなっていき、劣化しにくい性質をもっています。また調湿効果があり、夏のように湿度の高い時期は余分な水分を吸いとり、冬のように湿度の低い時期は水分を放出し、「呼吸する壁」とも呼ばれています。また耐火性に優れているため、建築基準法において不燃材料に指定されています。身体にも優しい漆喰壁ですが、デメリットとしては、ビニールクロス等に比べつくるのに手間暇がかかり、費用もかかることが挙げられます。また乾燥するとひび割れができやすい性質もあります。
珪藻土
珪藻土とは、珪藻と呼ばれる植物プランクトンの化石を原料とした素材で、やはり壁材として使用されます。珪藻土の最大の特徴は優れた調湿効果で、湿気だけでなく脱臭等の効果もあります。ペットを飼っている家庭には最適ですね。また珪藻土は直に水を吸う性質があるので、最近ではバスマットやキッチン用品の除湿素材等様々な用途で使用されています。その他、漆喰同様防火性にも優れています。漆喰と違う点は、漆喰は基本的には白系の色ですが、珪藻土は顔料を混ぜることでカラーバリエーションをつくることができます。壁面のアクセントカラーとしてインテリアを楽しむのにも最適です。
無垢材
無垢材は、天然の木材を原料とし、フローリングの床材や壁材等だけでなく、家具などにも使用されます。無垢材は周囲の温度に影響を受けにくく、断熱や保温の効果があります。また調湿機能がある他、無垢材に含まれる精油にはダニやカビ等の最近の発生を抑制する性質があり、空間を清潔に保つことができます。しかし無垢材のメリットは何といってもその風合いです。時間が経つほど経年劣化により味が出るのは、人工素材にはない大きな特徴です。

その他、土壁やコルク材、石やタイル・和紙等の自然素材も家づくりに使用されます。

自然素材の家のメリット・デメリット

メリット
自然素材には様々なメリットがありますが、様々な素材のメリットをまとめると以下が挙げられます。

  • 素材感が良い、癒し効果がある
  • 健康にも環境にも優しい
  • 調湿効果のある素材が多い
  • 断熱性能や保温性能に優れている素材が多い
デメリット
これまで自然素材の様々なメリットについて書いてきましたが、逆にデメリットについてもまとめたいと思います。メリットと比較しながら、理想の家づくりに最適な素材選びを行いましょう。

  • 費用が高くなる
    自然素材は人工的な素材と比べ一つ一つ手作業で工事することになるため、当然費用がかさんでしまいます。そのため、自然素材を広い範囲で使用すればするほど建築費は上がります。しかしこのデメリットも、自然素材は人工的な素材よりも耐久性も高く省エネにも優れているため、長い目見ればランニングコストは低くなると考えられます。有害物質によるアレルギー等も起きにくいため、シックハウス症候群等による医療費もかかりません。こういった点を踏まえ、部屋の用途等により自然素材を使うかどうか、またどんな自然素材を使用するか等を上手に考えて、満足のいく家づくりを行いましょう。

いかがでしたか?以上、今回は自然素材を活かした別荘についてご紹介しました。
東栄建設では、千葉・房総で田舎暮らしやスローライフを実現できる古民家物件や別荘・リゾート物件を、数多くご案内しています。
都心からも近く海も山もある自然豊かな土地、千葉・房総。スローライフを堪能するのに絶好の場所です。
ご興味ある方は、ぜひお気軽にお問い合わせください!