資料請求・お問い合わせ

借地権の別荘を買う場合のメリット、デメリット!

借地権付き別荘を買うコツ

 

田舎暮らし不動産の値下げ情報を公開中!

 

「自然に囲まれたゆったりとした別荘暮らし」「周りを気にせずにいられる空間」憧れてはいるものの、別荘は高い…というイメージはありませんか?土地を購入せずに権利を購入するということができるんです。

 

借地権付きの別荘のメリット、デメリットについて知った上で安く別荘を購入するコツについてまとめました。ぜひ覚えておいてください。千葉田舎暮らし不動産情報専門店「東栄建設」では、理想の田舎暮らしや別荘ライフを現実にするべく、検討する前に知っておくべきポイントをご紹介しています。

 

別荘は安く買える?借地権を購入する3つのメリットとは?

借地権の別荘は安く買える…そんなイメージはありませんか?借地権付きの別荘は土地を購入せずに、土地を使うことができる権利です。借地権には以下のようなメリットがあります。

 

「土地を購入しないので購入価格が安くなる」
「固定資産税や都市計画税がかからない」
「借地権は相続したり売買することができる」

以下に詳しくご説明します。

 

◆【借地権のメリット1】購入価格が安くなる

まず1番のメリットは購入価格が安くなることです。借地権は所有権とは違って土地を所有せずに土地を使う権利です。別荘の購入費をおさえたい場合には借地権付きの別荘を選ぶという選択肢もあります。

 

田舎暮らし不動産の値下げ情報はこちらからも確認できます。

 

◆【借地権のメリット2】固定資産税や都市計画税がかからない

次に、借地権は土地を所有するわけではないので、土地に対しての固定資産税や都市計画税がかかりません。コストをおさえることができるのでメリットといえます。土地に対する税金は土地の所有者(地主)が負担します。

 

◆【借地権のメリット3】相続することも売却することもできる

借地権は相続することも売却することも可能です。たとえば借りた土地に家を建てた場合には、その家を売却できます。その家には土地を使う権利がついていて、これが借地権です。貸している土地の方を底地権といいます。借地権を持っている親が亡くなった場合にはその子供が相続します。

 

借地権のデメリットとは?

借地権にはメリットもありますが残念ながらデメリットもあります。それぞれ詳しく見ていきましょう。

 

「地主に地代を支払う必要がある」
「銀行のローンが受けにくくなる可能性もある」
「売却、リフォーム、賃貸などでは地主の了承を得る必要がある」

 

◆【借地権のデメリット1】地主に地代を支払う必要がある

1つ目のデメリットは、地主さんに地代を支払わなければならないことです。固定資産税、都市計画税などの土地の税金を負担しない分、地代を支払って土地を借ります。契約によって地代が定められていますので事前に確認をしておきましょう。

 

◆【借地権のデメリット2】銀行のローンが受けにくくなる可能性もある

2つ目のデメリットは、銀行のローンが受けにくくなる可能性があることです。土地は担保に入れることができないので建物のみとなり、物件によっては審査が厳しくなるケースがあります。

 

◆【借地権のデメリット3】売却、リフォーム、賃貸などでは地主の了承を得る

3つ目のデメリットは、売却、リフォーム、賃貸に出したい場合などに、地主さんの許可を得る必要があることです。後々のトラブルを防ぐためには事前に了承を得ておきましょう。

 

借地権を買う場合のメリット・デメリットまとめ

借地権のメリットとデメリット、いかがだったでしょうか?

内容をおさらいすると、

 

メリット

・購入価格が安くなる

・固定資産税や都市計画税がかからない

・相続することも売却することもできる

 

デメリット

・地主に地代を支払わなければいけない

・銀行のローンが受けにくくなる可能性もある

・売却、リフォーム、賃貸などは地主の了承を得る

 

「セカンドハウスとして家を探している」「週末だけゆっくりと過ごしたい」という方には、安く別荘が購入できて、コストもおさえられるのなら、メリットの方が大きいかもしれませんね。安く別荘を購入したい場合には「借地権付き別荘」も選択肢の一つです。

 

千葉田舎暮らし不動産情報専門店からのアドバイス!

 

海の見える別荘、人気の別荘、格安の別荘、本格農業ができる古民家、広い土地や倉庫付きの建物など、田舎暮らしやリゾート物件、人気の古民家などがありますが、ライフスタイルに合わせた理想を手にするには「予算」「ライフスタイル」「安心して任せられる頼れる不動産業者」の3つがポイントです。予算を決めたらどんなライフスタイルを送りたいのかをよく考えてみましょう。その土地の周辺環境や、敷地の調査など不動産の知識が必要になります。また借地といっても、「旧借地権」「普通借地権」「定期借地権」といった種類もあります。期間の定めのあるもの、更新についての取り決めなど、条件も異なります。