資料請求・お問い合わせ

ずっと住める別荘づくり。バリアフリーを取り入れよう

今は健康でも、歳をとるにつれて心配になる身体のこと。老後は移住したいと考えている方はもちろん、別荘をずっと使っていくためにも、バリアフリーを取り入れた住まいづくりは重要な課題です。広い土地を確保しやすい別荘だからこそ、余裕を持ったバリアフリーの住まいをつくりたいですよね。今回は、そんなバリアフリーの住まいづくりに役立つアイデアをご紹介します。

玄関と玄関アプローチ

家へ帰ってきたときに最初に通る場所、それは玄関とそのアプローチ。玄関アプローチとは、敷地の入り口から玄関までに至る道のことです。バリアフリーというと家の中のことに気を取られがちですが、外構も重要なポイントです。玄関までの道筋に段差が多かったり道幅がとても狭かったりすると、車椅子を使用している場合はそもそも家に入ることができません。また車椅子でなくても、夜間足元の見にくい時間帯に段差のわかりにくい道を通るのは危険です。玄関アプローチはなるべく段差を減らし、スロープ等を設置すると良いでしょう。また、暗くなってからも見やすいように、エクステリアライトを設置すると安全です。
次に玄関です。玄関は通常段差により土足範囲の境界を示しますが、車椅子の場合はこの段差も大変です。そんな場合は、土足範囲の境界を床材を違えることで示すと良いでしょう。段差をつくらなくとも、例えば土足部分をタイル、靴を脱いで上がる部分をフローリングというように素材の違いで境界を示すことができます。また、玄関スペースはなるべく広くとり、土間の収納スペースを設置すると更に便利です。靴の脱ぎ履きに役立つベンチを設置するのもバリアフリーのポイントの一つですね。

リビング、ダイニング

屋内を計画する際も、やはり無くしたいのが段差です。通常廊下からリビングやダイニングに入る際に階段状に1段上がらなければならないつくりとなることはあまりありませんが、ドアのサッシのためにちょっとした段差ができてしまうケースはよく見られます。こんな小さな段差も、シニア世代にとっては転倒の原因となるリスクがあります。そんな場合は、吊りタイプの引き戸を選ぶのが便利です。吊りタイプのため床にはレールを埋め込む必要もなく、見た目にもすっきりします。またどうしても段差が出てしまう場合は、段差の両側に段差スロープを設置し、車椅子を使用した場合でも容易に通過できるようにすると良いでしょう。また部屋は車椅子での移動がしやすいように、スペースはなるべく広めにとりましょう。床材に滑りにくい素材を使用すると、転倒のリスクを更に減らすことができます。

バスルーム、トイレ

シニア世代にとって冬場脅威の一つとなるのが、バスルームやトイレといった水まわり空間です。特にバスルームでは「ヒートショック」と呼ばれる現象により、お年寄りの死亡率が年々高くなっています。ヒートショック現象とは、暖かい空間から冷えた空間へ移動した際、急激な温度変化が原因で血圧が急に変わる現象のことをいいます。血圧が急に変わることで、脳梗塞等の脳血管系の病気が起こりやすくなります。こういった現象が起こるのを予防するためにも、浴室に暖房機能を設置することが重要です。浴室乾燥機付きのものを設置するのも便利ですし、床暖房を取り入れるのも良いでしょう。空間はなるべく広くとり、バスルームをトイレや洗面スペースと一緒にワンルームとしてつくるのも良いアイデアです。まとめて室温を上げることができ、段差もできにくくなります。その他、床材に滑りにくい素材を使ったり、バスタブ脇やトイレ脇に手すりを設置するのも良いでしょう。トイレの位置に関しては、夜の就寝時にも簡単にアクセスできるように、寝室のそばに設置すると便利です。

階段

バリアフリーとして最も良いのはもちろん、階段を使う必要のない建物です。しかし実際には階段を設置しなければならない場合も多いでしょう。そんな場合、階段の形状は直階段と呼ばれる真っ直ぐな形状の階段が最も望ましいといわれています。また、勾配や蹴上・踏面寸法も安全性に大きく関与するので注意しましょう。階段には手すりの設置が必須ですが、特に両側への設置が望ましいと考えられています。床材が滑りやすい場合は、踏面に滑り止めシート等を取り付けると良いでしょう。車椅子での生活が考えられる場合は、エレベーターも検討すると良いでしょう。

いかがでしたか?以上、今回はバリアフリーの住まいづくりに役立つアイデアについてご紹介しました。東栄建設では、千葉・房総で田舎暮らしやスローライフを実現できる古民家物件や別荘・リゾート物件を、数多くご案内しています。

都心からも近く海も山もある自然豊かな土地、千葉・房総。スローライフを堪能するのに絶好の場所です。
ご興味ある方は、ぜひお気軽にお問い合わせください!