資料請求・お問い合わせ

あなたならどっち?戸建別荘 VS リゾートマンション

誰もが一度は憧れる、別荘やリゾートマンション。富裕層にしか手の届かなかった昔に比べ、現在では様々な人が様々な形で別荘やリゾートマンションを所有することを考える時代となりました。益々別荘やリゾートマンションの需要が増える現代、これから購入を考える人も多いのではないでしょうか。そしてそんな人の中には、戸建の別荘が良いかリゾートマンションにすべきか決めかねている人もいると思います。そこで今回は、戸建別荘とリゾートマンションのメリット・デメリットについてご紹介したいと思います。

まずは購入の目的を明確にしよう

戸建別荘とリゾートマンション、どちらが良いかを決めるには、まずどんな目的で購入しようと考えているのかをクリアにすることが大切です。やりたいことが明確になっていないと、実際に使い始めてから「やろうと思っていたことができなかった」となってしまう場合があります。ここでは、購入の目的として多い例をご紹介します。

長期休暇を過ごす
別荘やリゾートマンション購入の目的として最初に浮かぶのが、この「長期休暇を過ごす」です。都心でももちろん休日の過ごし方は色々ありますが、海や山といった自然に囲まれた別荘地やリゾート地で過ごす休日は、格別なものがあります。そういう場所だからこそ、日常や他人の目を忘れて思い切り楽しむことができるのではないでしょうか。家族や親しい友人と過ごすのはもちろん、逆に誰にも邪魔されない一人の時間を過ごす人もいます。また、土地の狭い都心ではなかなかできない愛犬とのダイナミックな触れ合いが叶うのも、別荘やリゾートマンションの醍醐味です。
第2の家として
近年増加傾向にある購入目的が、この「第2の家」です。平日は都心で仕事し、週末は自然豊かな別荘やリゾートへ移動しゆっくり過ごす、そんな贅沢な暮らし方も増えつつあります。また副業を認める企業の増加する現代、週に何日かは都心で働き、残りは別荘やリゾートで仕事をする、といった2拠点を軸とした働き方にも関心が高まりつつあります。より自分らしいスタイルを求めて、仕事と共に住む場所にもこだわってみるのも良いのではないでしょうか。
仕事場として
上記と逆の形が、この「仕事場」として別荘やリゾートを使用することです。集中してものづくりを行う必要性のある職業の方には、別荘やリゾートはうってつけの場所といえます。特に近隣が気にならない別荘は素晴らしい仕事場になるといえます。
老後に定住するために
今すぐにはあまり使わなくても、定年後都心の家を引き払い別荘やリゾート地へ移住する、という人もいます。一日中自由に過ごすことのできる老後だからこそ、別荘やリゾート地で思い切りやりたいことをするのも素敵ですね。また今は週末や長期休暇だけ使っているけれど、最終的には移住したいという考えを持っている人も多くいます。
災害時に備えて
今や日本のどこにいても安心とは言えない時代。地震や台風等、大きな被害の出ている地域は増え続けています。そんな時代、所有する家が一つだけだと、被災してしまった場合に生活ができなくなってしまう可能性があります。そんな場合に備え別荘やリゾートマンションを一つ持っておくのも、大きなリスクヘッジとなります。

別荘のメリットデメリット

メリット
別荘の大きなメリットの一つは、空間の構造や大きさ等に制約がないことです。例えば運動専用の広い部屋がほしい、音楽専用の部屋がほしい、と行った場合も、マンションでは隣接する住宅にも影響があるため簡単につくれませんが、別荘であれば自由につくることができます。またマンションには庭がないため、自宅に畑をつくりたい場合も対応することができません。同様に、温泉等の特殊な設備も、共有部にない限りマンションでは実現は難しいと言えるでしょう。以上より、特定の趣味を目的に購入を検討する場合は別荘が適しているといえます。また別荘の場合、マンションのように家と家が接していないため、音や視線といったプライバシーをしっかりと保つことができます。
デメリット
別荘の場合、地上からアクセスできる開口部が多いため、マンションに比べると防犯性が劣ります。また、マンションには標準的にオートロック等の設備が付いている場合がありますが、別荘では少ないため、不安な場合は自分で設置する必要があります。別荘で防犯性が心配な人は、ドアや窓等に防犯設備を施す等の対応をすることで、防犯性を高めることができます。その他、マンションの場合は共有部分の管理を自分で行う必要はありませんが、別荘では敷地内全てのメンテナンスを自分で行う必要があります。

リゾートマンションのメリットデメリット

メリット
リゾートマンションのメリットとしては、物件によっては共有部の設備が充実している場合があることです。例えば共有の温泉やトレーニングジムといった運動設備等、自身でつくらなくとも使用することができます。こういった設備は、自分でつくるほど必要ではないがあると嬉しい、という人には最適といえます。また高層階では眺望が確保できる点も、マンションの大きなメリットです。もちろん別荘でも土地を選べば素晴らしい眺望を手に入れることはできますが、その分街の中心部から離れてしまったり交通の不便な生活となってしまう場合が多くあります。マンションの高層階であれば、街の中心から離れることなく眺望の良いロケーションを確保することができます。
デメリット
リゾートマンションのデメリットとしては、管理費や積立修繕費がかかることが挙げられます。もちろん別荘でも管理に費用はかかりますが、マンションの場合共有部は自分だけの一存では物事を決定できないため、自分には必要がないと思う設備の管理費や修繕費がかかっている可能性があります。また別荘に比べ隣の家との間にプライバシーが保ちにくかったり、愛犬を飼う等の特定の趣味には対応していなかったりする可能性があります。

いかがでしたか?以上、今回は戸建別荘とリゾートマンションのメリット・デメリットについてご紹介しました。購入の目的に合わせ、最適の形を選択しましょう。
東栄建設では、千葉・房総で田舎暮らしやスローライフを実現できる古民家物件や別荘・リゾート物件を、数多くご案内しています。

都心からも近く海も山もある自然豊かな土地、千葉・房総。スローライフを堪能するのに絶好の場所です。
ご興味ある方は、ぜひお気軽にお問い合わせください!