資料請求・お問い合わせ

あなたならどちらを選ぶ?平屋or2階建

近年そのメリットが見直されている、平屋。
特に田舎の古民家ではゆったりとした土地と平家の組み合わせは鉄板です。のんびりとした田舎暮らしをしてみたい人には憧れの間取りでもあります。

一方、2階建の別荘も根強い人気です。それぞれにメリットデメリットがあるので、人によってはどちらが良いか迷ってしまう場合もあるのではないでしょうか。

そこで今回は、平家と2階建について比べてみたいと思います。

︎平屋のメリット

バリアフリー
平家の大きなメリットの一つは、何といっても階段がないこと。階段がないことでお年寄りや小さな子供にも優しい住まいをつくることができます。また階段をつくらなくて済むと、上下の移動をしなくて済むだけではありません。

効率的な動線をつくることができ、洗面やバスルーム・キッチン、更にはストックルームといった生活に必要な機能も全て一つのフロアに集約されるので、育児や家事に忙しいお母さんにとってもとても便利です。

例えば重い荷物を2階に運ばなければならなかったり、1階で洗濯したものを2階に運んで干さなければならなかったりといった手間を減らすことができるので、家族みんなにとって生活のしやすい家づくりができます。
目が届きやすい
こちらも、階段がないことによるメリットの一つ。

2階建の家の場合、1階にはリビング・ダイニングやバスルーム等の水回り、2階には寝室といった具合に部屋が分かれ、1階のリビングにいる時には2階にいる家族の様子が全くわからない、大きな声で呼んでも伝わらない、となってしまう場合が多いです。

一方平家では全ての家の機能がワンフロアに収まるので、家族がどこにいるのか、今何をしているのか目の届きやすい空間となります。

ドアを開けていればリビングから別の部屋の家族へ声をかけても返事が返ってくる家づくりがしたい場合は、平家がおすすめです。
高い耐震性
実は、平家の家は耐震性も優れています。
というのも、建物はその建物自身の上階の重さが増せば増すほど建物に働く地震の力が大きくなってしまうといわれています。

つまり、2階建の住宅の方が平家の住宅よりも地震力が大きくかかってしまうのです。そのため、平屋の家は耐震性に優れているといえるのです。

また建物には耐震壁をつくる必要があります。この耐震壁は、建物にかかる地震力が増えれば増えるほど必要となります。

逆を言うとこの地震力のかかる大きさが小さいため、平屋の場合2階建の住宅よりも耐震壁を減らすことができるのです。
自由な間取り
平屋では、間取りも自由につくることができます。平屋の場合、2階を考える必要がないため天井高を通常よりも高くすることができます。

もちろん2階建でも一部を吹き抜けとして天井高を高くすることは可能ですが、2階の他の部屋との兼ね合いを考えなければならなかったりと平屋ほどの自由はありません。

また、先述した耐震性と関係があるのですが、耐震壁を減らすことができるため、平屋では大きな窓を設けることができます。リビングから庭のウッドデッキへと続く大きな窓をつくりたい方には平屋がおすすめです。

更に、平屋では2階がないので自由に天窓をつくることもできます。その他、2階建では通常寝室や子供部屋等、通常2階部分に配置される部屋も平屋では1階に配置されるので、どの部屋からも庭へと出ることができるというメリットもあります。

︎2階建のメリット

狭い土地でも建てやすい
田園地帯では確保しやすい広い土地も、都市部ではなかなか手に入れずらいもの。そんな狭小地でも、2階以上の家づくりをすれば必要な機能を全て配置することができます。

平屋ではスペースが取れず諦めてしまうウォークインクローゼット等のスペースも、階層を重ねることで確保できる場合があります。

購入した土地が狭い場合は、2階建以上がおすすめです。
プライバシー
平屋の場合、全ての部屋がワンフロアに配置されます。

そうなることで目の届きやすい空間となりますが、裏を返すとプライバシーの確保が難しい空間とも言えます。

壁やドアで視線を遮ることはできても、隣の部屋の音が聞こえてきたり、キッチンの匂いが部屋へ届いてしまったりと、良くも悪くも他の部屋の気配を感じられます。

プライバシーの確保を優先させたい場合は、2階建でフロアを区切ることをおすすめします。
費用
一般的に、2階建では平屋と比べ費用が割安となる傾向があります。単純に2階建の間取りと同じ面責の平屋の住宅を建てる場合、2倍の土地が必要となります。

そのため、一般的には平屋は土地代が高くなります。また横に広がる面積が増えれば、その分基礎や屋根の面積も増え費用が上がります。

更に建売の物件の購入を検討する場合、流通する数が多いため平屋に比べ割安となることもあります。

一方で2階建の住宅の場合、階段が必要となったりトイレや洗面が2個以上必要となる等、2階建だからこそ発生する費用もあります。

費用については間取りによっても変わるため、しっかり確認しましょう。

いかがでしたか?以上、今回は平家と2階建のメリットデメリットについてご紹介しました。

東栄建設では、千葉・房総で田舎暮らしやスローライフを実現できる古民家物件や別荘・リゾート物件を、数多くご案内しています。
都心からも近く海も山もある自然豊かな土地、千葉・房総。スローライフを堪能するのに絶好の場所です。
ご興味ある方は、ぜひお気軽にお問い合わせください!