千葉の田舎暮らし専門の不動産情報をお届け!千葉の田舎暮らし物件をお探しなら「千葉の田舎暮らし不動産情報専門店」

売り物件に関するお問い合わせ 電話番号 メール

梅雨の時期をどう乗り切る?別荘のカビ対策

photo

雨や湿気の多い時期が長く続く、梅雨。この時期、普段の生活に使う住宅でもカビの被害に悩まされる人は多いと思いますが、長期間不在となる別荘では更に深刻なカビの被害に悩む人もいるのではないでしょうか。せっかく憂鬱な梅雨が明けて、いざ夏休みに別荘を訪問してみたら、家中カビだらけで悲惨なことになっていた、とならないためにも、早い段階からカビ対策を講じておくことが重要です。そこで今回は、梅雨を乗り切る、別荘のカビ対策についてご紹介します。

カビによる健康被害

家の中だけでなく、衣類や布団類、食品にも広がるカビ。そんなカビは人の身体にどんな被害をもたらすのでしょうか?ここでは、カビによる健康被害についてご紹介します。
アレルギー
アレルギーの原因は、花粉や食品等様々なものがありますが、カビもその一つです、空気中のカビの胞子を飲み込んだり、アレルギー体質の人の場合はカビが皮膚に付着しただけでもアレルギー反応の起こる場合があります。アレルギーの症状としては、皮膚炎の他に、喘息や肺炎、鼻炎等のものがあります。
感染症
カビによる感染症には、水虫やタムシ等、カビが皮膚から体内に侵入して炎症を起こすものが挙げられます。実は人は日常的にカビの胞子を吸い込んでおり、通常の健康な状態では感染症が起こらなくとも、免疫力の弱ったときに感染するアスペルギルス症やカンジダ症といった感染症もあります。
中毒
カビによる中毒は、主にカビの発生した食品を食べてしまった場合に起こるものです。カビの発生した食品を食べてすぐに症状が出ることは稀ですが、発ガン性を示すカビもあるためカビの生えた食品は口にいれず捨てるようにしましょう。

カビの発生しやすい条

それでは、カビはどんな環境で発生しやすいのでしょうか?その条件を見てみましょう。
温度
カビが発生するには適度な温度(10〜35℃)が必要です。季節や場所にも寄りますが、通常住宅の室内温度は10℃〜30℃程度。カビが最も発生しやすい環境にあるといえます。
湿度
カビといえばジメジメのイメージがありますが、温度同様やはり湿度もカビにとって快適な値があります。70〜90%というかなり高い湿度の状態がカビが最も発生しやすいです。
栄養
カビの発生には、カビの餌が必要です。食べかすやホコリ、アカなどのカビの餌となる栄養分の付着した場所は、カビの発生しやすい場所といえます。
空気
実はカビも人と同様、酸素がなければ発育することができません。意外かもしれませんが、真空状態の空間ではカビは成長しないのです。

カビ対策

それでは、カビはどのように発生を防げば良いのでしょうか。ここでは、カビの具体的な対策についてご紹介します。 先述の通り、カビには4つの発生しやすい条件があります。ということは、これらの条件を住宅環境からなくせばカビは発生しにくくなるといえます。
温度
カビが活動しにくい温度にするためには、室内をなるべく低温で保ちましょう。冷房や扇風機を使用し、室温を低く保つように心がけましょう。
湿度
除湿機等で室内の湿度を低く保ちます。除湿機等を使用できない場合は、窓を開けたり扇風機をつけ、風通しをよくしましょう。逆に外が雨で湿度が高い場合は、窓は開けない方がよいでしょう。
栄養
食べかすやホコリ等を残さないように、室内はこまめに掃除し綺麗に保ちましょう。また、家具や壁面等に付着した手垢等もカビの栄養源となってしまうため、なるべく拭き取るようにしましょう。
長期で不在となる場合
冬や湿気の多い梅雨の季節には、結露が発生します。結露も、カビの原因の一つとなります。結露の起こりやすい窓やその他の場所では、なるべく家具を密着させて置かないことで湿気を逃がす経路ができます。また、湿気が発生しやすくこもりやすいと判明している靴箱やクローゼット等では、除湿剤や新聞紙を入れておく等、なるべく湿気を逃がす工夫をしておきましょう。また、湿気を発生させる可能性のあるもの、植物等を置いたままにするのは好ましくありません。

カビの繁殖しやすい場所

カビは住宅の様々な場所で発生します。特に発生しやすいのは、言わずと知れた浴室です。浴室はしっかり換気を行い、湿気が残ったままとならないように気をつけましょう。また、夏によく使用するエアコンも、実はカビの繁殖しやすい場所といわれています。というのも、除湿の際にカビを含む空気をエアコンが吸ってしまうからです。定期的に掃除し、湿気の多い時期にエアコンを活用できるようにしておきましょう。また、畳のある和室もカビの注意が必要な場所です。畳のある部屋はなるべく換気を心がけ、カビが発生してしまった場合は、カビの繁殖度合いにもよりますが、掃除機等で掃除し天気の良い日には室外の日陰に干すと良いでしょう。カビの胞子が飛ばないように注意して行いましょう。

いかがでしたか?以上、今回は梅雨の時期を乗り切るための、別荘のカビ対策についてご紹介しました。 東栄建設では、千葉・房総で田舎暮らしやスローライフを実現できる古民家物件や別荘・リゾート物件を、数多くご案内しています。

都心からも近く海も山もある自然豊かな土地、千葉・房総。スローライフを堪能するのに絶好の場所です。 ご興味ある方は、ぜひお気軽にお問い合わせください!

▲ページトップへ