千葉の田舎暮らし専門の不動産情報をお届け!千葉の田舎暮らし物件をお探しなら「千葉の田舎暮らし不動産情報専門店」

売り物件に関するお問い合わせ 電話番号 メール

別荘でこそ実現したい!平屋の魅力

photo

実は近年、住宅の間取りとしても人気の高まっている平屋の間取り。もちろん都心に住宅を建てる際に平屋を選択するのも手ですが、自然豊かな別荘地でこそ、良さが光るのが平屋です。理想の平家の別荘を手に入れるためにも、まずは平家の特徴を知っておくことが大切です。そこで今回は、平家の間取りのメリット・デメリットについてご紹介したいと思います。

平屋のメリット

地震に強く、構造的に強く安定する
そもそも平家とは、1階建ての建物のことです。1階建てのため、複数階建ての建物に比べ支える階数が少なく、構造的にとても安定した形となります。当然、地震にも強い構造となります。特に地震を中心とした災害の多い昨今の日本では、長く住める場を確保する上でも、地震に強い家を選ぶことはとても重要なことです。構造が強いことは、平家の大きなメリットと言えます。
大きな開口を取りやすい
上記と同じ理由で、2階以上の階層がなく構造が安定するため、大きな窓を複数設置できることも平家のメリットの一つです。別荘地は自然に囲まれ近隣の視線を気にする必要のない土地も多いので、広く大きな窓を設けて陽の光のよく届く明るいリビングをつくり、窓からそのままテラスや庭に降りられるつくりにするのも素敵ですね。また、採光が足りないと感じるときはトップライト(天窓)等を設置することも可能です。
天井を高くできる
せっかく別荘を持つのだから、平面の広さだけでなく高さも確保した広々とした空間づくりがしたいですよね。平家の間取りなら、天井を高くすることも容易です。また天井高をとることで、より大きな開口部をつくることができ、より採光を確保できるようにもなります。
コミュニケーションがとりやすい
平家では全ての部屋が同じ階に配置されるため、家族や住人同士のコミュニケーションが取りやすくなります。特にリビングを中心として各部屋を配置すると、家族がリビングを必ず通るので安心です。各空間を壁で仕切らずに空間の形や可動式の間仕切り等で仕切ることで、より一体感があり家族の息遣いを感じる空間とすることも可能です。
階段スペースを節約できる
家づくりを行う上で、意外に場所をとるのが階段スペース。平面的に場所をとるだけでなく、設置する場所も様々な制限を受けるため、複数階建ての間取りを検討する際は頭を悩ませる場所の一つですが、平家では階段の場所に悩むことはありません。また階段は空気が上下に抜けるため、空調の点でも階段をつくる必要がないのは有利と言えます。階段がない分、収納等の不足しがちなスペースを増やすことができるのも便利ですね。
老後も安心のバリアフリー
将来を考えたときに気になるのが、バリアフリーです。平屋の間取りなら階段がないので、老後も安心して使用することができます。あわせて玄関や浴室等の段差をなくしたり、廊下やトイレ・各部屋を広めにとることで、車椅子を使うことになった場合でも対応できる家をつくることが可能です。
平屋には様々なメリットがありますが、広い土地の確保が難しい都心に比べ、別荘地は土地の確保がしやすいと言えます。特に山の別荘地では、緑に囲まれた環境に自然に溶け込む平屋はぴったりの形式です。都心で、土地の関係で平家の住宅をつくることができなかったは、別荘でぜひトライしてみたいですね。

平屋のデメリット

良いことばかりに見える平家の間取りですが、もちろんデメリットもあります。メリットと照らし合わせ、後悔のない別荘づくりをしたいですね。
広い土地を必要とする
これは、複数階建ての建物と同じ部屋数をつくろうとした場合ですが、平家なので部屋数を増やそうとするとやはり平面方向に広くする必要があります。これは逆に都心でなく別荘地と考えるとそれほどデメリットに感じないかもしれません。また、それほど部屋数を必要としない方はもちろん、それほどの広い土地は必要ではないので、家のつくりを工夫することで解決できる点でもあります。
防犯に注意が必要
地面に接する部分が多いため、複数階建ての建物に比べ防犯には注意が必要となります。また、平家ならではの大きな開口部も、防犯上は不利なものとなります。セキュリティシステムをしっかり整えたり、防犯タイプの窓設備を取り入れる等で、事前にしっかり対策をとりましょう。
基礎工事の面積が増えるため建築費が高くなる
2階以上をつくらずに平面的に広くなることで増えるのが、基礎工事の面積です。2階以上の階をつくることに比べ基礎の面積を増やすのは、やはり工事費が高くなってしまいます。どの程度の予算でどの程度の面積の平家ができるのか、複数階建ての価格と比べて納得がいくか、よく検討して進めましょう。
プライバシーの確保が難しい
メリットの部分でコミュニケーションのとりやすさについて書きましたが、これは裏を返すとプライバシーの確保が難しいということでもあります。特に音の問題には気をつけて部屋の配置をする必要があります。水回りと寝室は離す等の工夫をしましょう。

いかがでしたか?以上、今回は別荘でこそ実現したい平屋の魅力についてご紹介しました。 東栄建設では、千葉・房総で田舎暮らしやスローライフを実現できる古民家物件や別荘・リゾート物件を、数多くご案内しています。

都心からも近く海も山もある自然豊かな土地、千葉・房総。スローライフを堪能するのに絶好の場所です。 ご興味ある方は、ぜひお気軽にお問い合わせください!

▲ページトップへ