千葉の田舎暮らし専門の不動産情報をお届け!千葉の田舎暮らし物件をお探しなら「千葉の田舎暮らし不動産情報専門店」

売り物件に関するお問い合わせ 電話番号 メール

厳しい冬も快適に過ごす!別荘の冬対策

photo

避暑地として活躍する別荘も、山間部等では冬の間は厳しい環境に置かれます。場所によっては氷点下を大きく下回り、積雪する地域も多く存在します。千葉・房総の別荘やリゾート物件も場所によってはそんな地域の一つとなります。冬が訪れる前のこの季節、事前の準備を行うことで、あたたかくなってから別荘へ戻ったときの状態に大きな違いが出ます。とはいえ、別荘を持ったばかりの方やこれから別荘の購入を検討している方には何をして良いかわからない部分も多いのではないでしょうか。そんな方のために、今回は別荘の冬対策の知識についてご紹介します。

冬が来る前にやっておくべきこと

水抜き
気温が氷点下を下回る地域といえば、思い浮かぶのが「水抜き」です。この水抜きとは、水道管の中に残った水がそのまま凍ってしまい、水道管を破損してしまうのを防ぐために行います。水抜きの作業は、まず建物へ水を引き込んでいる元栓を閉めます。そして蛇口等を開け放ち、水道管に存在する水を全て出します。場所によっては構造的に水を出し切ることのできない部分もあるため、そんな場合は不凍液を流しこみます。洗面、バスルーム、キッチン、トイレ等水を使用する場所は全て行います。トイレについてはウォシュレットの内部、洗面室では洗濯機用の水道等も忘れずに行いましょう。水抜きができていないと、破裂した水道管から部屋の中へ浸水してしまう場合もあるので、注意が必要です。 水抜きは自分で行うこともできますが、別荘地やマンション等では専門の管理事務所が請け負う場合が多いので安心です。ただし別途お金がかかります。
雪対策
冬場積雪のある地域では、除雪作業も重要な仕事です。別荘の敷地内は、基本的には自身で除雪を行わなければなりません。場所によっては管理会社へ有償で依頼できる場合もあるので確認してみましょう。雪対策としては、購入前に雪の積もり方や屋根の雪がどこへ落ちるかをしっかり確認しておくことが重要です。屋根に積もる雪の落ちる先に駐車スペースやバルコニー、玄関等があると、落ちた雪が塊となったときに除雪が難しくなります。また雪の重さでバルコニーの床等が損傷してしまう場合もあります。また、物件の日当たりも雪の溶けやすさに大きく影響します。事前に物件の位置する場所についてしっかりリサーチし、対策をとってから購入しましょう。
冬に別荘訪問時
除雪等で真冬に別荘地を訪れる際は、道路が凍結している場合が多いため滑りやすく、スタッドレスタイヤやタイヤへチェーンを装備することが不可欠です。山間部では傾斜が多いので、より注意が必要です。

冬でも快適に過ごせる設備

薪ストーブ
別荘の暖房機器といえば、薪ストーブ。見た目もあたたみのある薪ストーブはインテリアとしても注目されており、近年では都市部でも増加傾向にあります。もちろん、別荘地でも多くの方が導入しています。薪ストーブは、石油や電気・ガスといったエネルギーを使用しないため地球に優しい上に、他の暖房機器と違い遠赤外線効果により体を芯から温めることができます。また炎のゆらぎには癒しを与えてくれる効果もあります。更に薪ストーブは室内を暖めるだけでなく、同時に料理をつくることもできます。薪ストーブによってはダッチオーブンを使用できたり、ピザをつくることができたりと、薪の火を使うからこそできる料理があるのも魅力です。一方で、薪ストーブは定期的な掃除・メンテナンスと薪の確保が必要になります。薪は購入することもできますが、事前登録することで、行政の間伐する木材をもらい、自分でつくることもできます。せっかくなので、薪割りの作業も楽しんで過ごしたいですね。
水抜き不要のシステム
先ほどご紹介した水抜きですが、水抜きが不要な別荘も存在します。凍結する可能性のある配管にFF式(又は床下)の給湯器を設置することで、配管設備が氷点下にならないようにするシステムを導入すれば、水抜きをしなくても凍結を防ぐことができます。FF式とは密閉式・強制吸排気式のもののことで、燃焼のために使用する空気も外部のものを使い、排気ガスも外部へ直接排出する形式です。ただし、このような給湯器を設置しても家自体の設備・断熱性能等がしっかりしていなければ凍ってしまうので、単純にFF式給湯器を設置するだけでなく、別荘そのものの構造や設備を事前に計画・確認しておくことが重要です。
断熱
設備というと暖房機器そのものにばかり目が行きがちですが、窓サッシや床・壁の断熱材に寒冷地対応のものを選ぶことも重要です。そもそも床・壁といった基本的な構造が熱を逃がさないものでなければ、薪ストーブや給湯器等でどれだけ対策をしても意味がありません。別荘を購入する際は、忘れずに確認しておきましょう。

以上、今回は別荘の冬対策の知識についてご紹介しました。

東栄建設では、千葉・房総で田舎暮らしやスローライフを実現できる古民家物件や別荘・リゾート物件を、数多くご案内しています。
都心からも近く海も山もある自然豊かな土地、千葉・房総。スローライフを堪能するのに絶好の場所です。ご興味ある方は、ぜひお気軽にお問い合わせください!

▲ページトップへ