千葉の田舎暮らし専門の不動産情報をお届け!千葉の田舎暮らし物件をお探しなら「千葉の田舎暮らし不動産情報専門店」

売り物件に関するお問い合わせ 電話番号 メール

事前に知って備えよう!ローンの知識

photo

ひと昔前に比べ、近年はより多くの、様々な状況の人が第2の家を持つことを望むようになりました。昔は別荘というと、一部の富豪の持つものと考えられてきましたが、最近では若い家族や独身の方も、それぞれの目的や方法によって第2の家を活用しています。現在検討している、という方も多いのではないでしょうか。そしていろんな状況の方が購入するようになったからこそ、事前によく検討しておかなければならないのが資金計画です。

通常の住宅と違い、実は別荘やリゾートの購入には住宅ローンを組むことができません。これは、住宅ローンをまだ使ったことがない人だとしても同じです。なぜなら住宅ローン自体が、購入する本人もしくはその家族が日常的に居住することを条件としたものだからです。それでは、第2の家を購入するためには手元に資金がなければ不可能なのでしょうか。そんなことはありません。そんな方のために今回は、第2の家を手に入れるためのローンの知識についてご紹介します。

セカンドハウスについて
ひとことに第2の家といっても、人により目は様々です。ローンを使用して購入したい場合でも、別荘として使用する目的ではローンを組むことができません。ここで別荘とは、通常生活する家とは別に、保養や休養・避暑を目的に持つ家のことです。一方、目的がセカンドハウスとしての利用であれば、セカンドハウスローンを組むことができます。セカンドハウスとは、一見すると別荘と同じように思えますが、実は税法上では別物として扱われています。それではセカンドハウスは、別荘と何が違うのでしょうか。
セカウンドハウスとは、「別荘以外の家屋」で「週末に居住するため郊外等に取得するもの、遠距離通勤者が平日に居住するために職場の近くに取得するもの」などをいい、「毎月1日以上居住の用に供するもの」とされています。つまり、日常生活の中で使用する家です。近年のトレンドである週末移住のように、平日もしくは週末だけ住むという使い方もこれに該当するでしょう。
こういった使い方の家であれば、セカンドハウスローンを組むことができるのです。
セカンドハウスローンとは
それでは、セカンドハウスローンの内容はどんなものなのでしょうか。2軒目として使用するセカンドハウスローンでは、やはり日常生活に住む住宅に比べ贅沢品であるため、通常の住宅ローンに比べ金利が高くなります。金融機関により異なりますが、例えば通常の住宅ローンが1%前後とすると、セカンドハウスローンは3〜4%程度となります。また、通常の住宅ローンと違い、セカンドハウスローンでは住宅借入金等特別控除、つまり住宅ローン控除を受けることができません。このようにご紹介するとセカンドハウスローンにメリットがないように感じてしまうかもしれませんが、そんなセカンドハウスローンの中にも、通常の住宅ローンに近いものがあります。それは、「フラット35」と呼ばれるローンです。このフラット35は、通常のセカンドハウスローンに比べると通常の住宅ローンに近い金利でローンを組むことができます。

フラット35

フラット35は、住宅金融支援機構と銀行が提携によりできたものです。最長35年の全期間固定金利であり、提供側にとってリスクのあるこの形をとれるのも、国の機関である住宅金融支援機構とのコラボレーションによりできたローンだからこそです。フラット35の最大のメリットはやはり通常のセカンドハウスローンに比べ低い金利ですが、その他にも、個人事業主や契約社員、勤続年数の少ない人でもローンを組みやすいという利点もあります。一方で、多くのフラット35のプランでは購入予定物件の全額融資を受けることができず、物件価格の9割までの場合が多いというデメリットもあります。
また、フラット35の利用には当然のことながら厳重な審査があります。フラット35では、住宅性能の高さ等も重視されるので、これから検討する予定の方は各機関の審査基準をよくご確認ください。

これまで住宅ローンを中心にご紹介してきましたが、別荘購入に使用できるローンとしては、他に不動産担保ローンというものがあります。
これは、その名の通り既に所有している不動産を担保にローンを借り入れるというもので、住宅の建設やリフォームといった目的以外にも投資の費用や会社の事業資金として、教育資金として等様々な目的で使用されます。このローンも、やはりフラット35に比べると高めの金利となりますが、セカンドハウスのような使い方ではなく、別荘としての使い方をしたい方には有効なローンとなります。

以上、今回は第2の家を購入するのに役立つ、様々なローンの知識についてご紹介しました。いずれにしても、既にマイホーム購入にローンを使用している方には、複数のローンの支払いは大きな負担となります。最適なローンの選択で無理のない計画を立て、素晴らしいリゾートライフを楽しみましょう。

東栄建設では、千葉・房総で田舎暮らしやスローライフを実現できる古民家物件や別荘・リゾート物件を、数多くご案内しています。
都心からも近く海も山もある自然豊かな土地、千葉・房総。スローライフを堪能するのに絶好の場所です。ご興味ある方は、ぜひお気軽にお問い合わせください!

▲ページトップへ