千葉の田舎暮らし専門の不動産情報をお届け!千葉の田舎暮らし物件をお探しなら「千葉の田舎暮らし不動産情報専門店」

売り物件に関するお問い合わせ 電話番号 メール

計画的に購入するために。リゾート物件・別荘購入時にかかる費用

photo

千葉の南房総には大自然を満喫できる物件や都市にも近い物件など、様々なタイプのリゾート物件や別荘がたくさんあります。
そしてリゾート物件や別荘を購入したいと思ったら、一番気になるのは物件の他に価格のこと。物件そのものの価格は、不動産各社の物件情報欄に記載がありますが、実はこの販売価格以外にも様々な諸費用がかかります。そしてこういった諸費用にはローンで払うことができず、現金を用意しなければならないものもあります。気に入った物件がやっと見つかったのに、いざ購入となったら貯金が足りない!となってしまわないためにも、今回はリゾート物件や別荘の購入にかかる諸費用についてご紹介したいと思います。

物件の契約時に必要な費用

手付金
物件の契約時に必要な費用として、まずは手付金が挙げられます。手付金にはいくつか種類がありますが、最も多いのが解約手付と呼ばれるものです。解約手付とは、物件の売買契約を締結する際、契約を行う双方にとってキャンセルが起こることを抑制するものです。物件購入の頭金として支払い、契約後に買い手がキャンセルする場合は手付金は返還されず、また売り手がキャンセルする場合は手付金の返還に加え手付金相当額の金銭を支払う必要があります。またこの手付金は、契約が履行された際には物件の代金の一部として充当される場合が多いです。
仲介手数料
仲介手数料は、物件の販売元によりかかるかどうかが変わりますが、仲介手数料のかかる場合は、売買価格によって手数料の上限が定められています。基本的には、物件の売買価格が200万円以下の場合は売買価格の5%、200万〜400万円以下の場合は4%+2万円、400万円を超える場合は3%+6万円、という形です。ここに別途消費税がかかります。また、手付金や仲介手数料は現金での支払いが基本なので注意が必要です。

物件の引き渡し時に必要な費用

ローン保証料
ローン保証料とは、将来ローンの返済ができなくなったとき、ローンの返済者に代わり保証会社がローンを肩代わりするための費用です。ローン保証料はロームを組む銀行により異なると共に、一括で支払う方法と分割で支払う方法の2つの方法があります。一括で払う場合、イメージとしては借入額の数%程度がローン保証料となります。数%とはいえ、家の価格が高額なので数十万という額となります。多くの銀行ではローンを組む際にこの保証料が必要となりますが、保証料が不要な銀行もあります。
各種保険料
ローンを組む場合、ローン返済中にオーナーが死亡したり高度障害となってしまった場合に備え、生命保険の加入が必要となる場合が多いです。また、同じくローン返済中の火災に備え、火災保険への加入が義務付けられています。
登記費用
物件が引き渡されると、その物件の登記が必要となります。建物や土地に関する登記には様々な種類がありますが、土地の所有権移転登記、所有権保存登記、建物表示登記、ローンを組む場合は抵当権の設定登記などを行います。それぞれ固定資産税評価額に数%を乗じた価格となります。また、登記を司法書士に依頼する場合は司法書士への支払いが発生します。その他、登録免許税という税金がかかります。
温泉権利金、共益施設負担金
温泉権利金は特に別荘地等に特有の費用です。温泉付き別荘の場合は温泉を自身の別荘に引き込む費用がかかります。ただし、物件によっては販売価格に含まれている場合もあるので、確認が必要です。また、別荘地にテニスコートやプール等の共用施設がある場合、その整備費として共益施設負担金がかかる場合があります。

その他、契約印紙代や事務手数料など、細々と必要な経費が必要となります。

住み始めてから必要な費用

物件の引き渡しが終わったら支払いが全て終わり、という訳ではありません。住み始めてからも税金や管理費等の費用が必要となります。事前によく計算し、余裕をもった資金計画を立てましょう。

管理費、修繕積立費
建物を維持するために、管理費や修繕費を支払う必要があります。管理費は、エレベーターの点検や共用スペースの清掃等に使用されます。修繕積立費は建物を計画的に改修・修繕するときに使用したり、事故や問題が起こった場合に行う修繕に使用します。
温泉更新料、使用料
温泉の使用権にも期限があります。期限が来ると更新を行う必要があります。また温泉の使用料も、月々支払う必要があります。
不動産取得税
不動産を持ったときに、一度だけ支払う税金です。固定資産税評価額の4%を支払います。ただし特例があり、土地及び住宅は標準税率が3%に軽減されます。(平成33年3月31日まで)

その他、毎年1月1日時点に不動産を所有している場合にかかる固定資産税等の税金等も課税されます。
費用によってはかからなかったり、政府の優遇措置等を利用して抑えることもできます。後から資金計画に困らないためにも、事前に一度専門家へご相談ください。もちろん当社でも承っています。

以上、リゾート物件・別荘購入時にかかる諸費用についてご紹介しました。
東栄建設では、千葉・房総で田舎暮らしやスローライフを実現できる古民家物件や別荘・リゾート物件を、数多くご案内しています。
都心からも近く海も山もある自然豊かな土地、千葉・房総。スローライフを堪能するのに絶好の場所です。
ご興味ある方は、ぜひお気軽にお問い合わせください!

▲ページトップへ