千葉の田舎暮らし専門の不動産情報をお届け!千葉の田舎暮らし物件をお探しなら「千葉の田舎暮らし不動産情報専門店」

売り物件に関するお問い合わせ 電話番号 メール

魅力いっぱい!住みたくなる場所、千葉・南房総

南房総

せっかく田舎暮らしやスローライフをはじめるのだったら、
わくわくするような魅力のいっぱいある場所に住みたいですよね。
千葉県は、海も牧場も渓谷もある自然豊かな土地。
季節によっていろんな楽しみがあります。
今回は、そんな中でも館山・南房総エリアの魅力をご紹介します。

魅力いっぱい!住みたくなる場所、千葉・南房総

自然
まずは何と言っても、海。半島形状の南房総は広範囲を海で囲まれているため、海水浴場の数もたくさんあります。
海岸によって特徴があるので、目的に合わせていろんな楽しみ方ができるのも嬉しいところです。
・根本海水浴場
南房総エリアでも半島の先端に位置する海水浴場です。
天気が良ければ大島や伊豆七島を見ることができます。
房総フラワーラインと呼ばれる四季折々の花を見ることのできる道路沿いに白浜の広がる海岸で、近くには白浜フラワーパークもあります。
根本マリンキャンプ場も併設され、バーベキュー等を楽しむこともできます。
家族連れにも嬉しい海水浴場です。
また、周辺には屏風岩と呼ばれる屏風のように切り立った岩の連なる観光名所や、海洋美術館・灯台等もあり、海に入らない方でも楽しめるスポットがたくさんあります。
・沖ノ島海水浴場
南房総エリアの西側・内房に位置する海水浴場です。
沖ノ島まで繋がる砂州部が砂浜となっており、通常の海岸とは少し違う風景の中で海水浴を楽しむことができます。
沖ノ島はもともとは海に囲まれた島であったのが、関東大震災の影響で地続きの現在の形となったというもの。
内房側なので波が穏やかです。
また水がとても綺麗で透明度の高いことが特徴で、周辺には珊瑚が生息しています。
そのためシュノーケリング等のアクティビティにももってこいです。
道の駅
実は日本でも有数の数を誇る、千葉県の道の駅。地域性を生かした個性的な道の駅がたくさんあります。お出かけの折やちょっとしたお買い物でも気軽に立ち寄りたいですね。週末には道の駅巡り、なんていう過ごし方もできるかも?
・道の駅和田浦WA・O!
外房の和田浦に位置する道の駅。実は和田浦には、関東唯一の捕鯨基地があります。そんな400年の伝統を守るクジラ漁を伝える道の駅が、この和田浦WA・O!です。敷地内には、全長26mもの巨大なシロナガスクジラの骨格標本が展示されています。お食事処ではもちろん、くじらのメニューを味わうこともでき、見て、食べて、体感できる道の駅です。
詳細はこちら

・道の駅ちくら潮風王国
外房南の千倉に位置する道の駅。
地元の漁協や魚問屋の直営店が並ぶ、活気ある魚市場のようなところです。
かつて漁業で栄えた千倉を象徴する、第一千倉丸。サバサンマ漁に使われた70トンクラスの漁船のレプリカが設置されています。
船橋の上まで登ることができ、乗船した気分を味わうと共に眼下一面に広がる千田海岸の岩礁を見ることができます。
また、広大な芝生も魅力の一つで、子供がのびのびと走り回ることのできる場所となっています。
「レストラン はな房」からは、アワビやイセエビ等の海の幸を味わいながら、窓ごしに海を眺めることもでき、いろんな楽しみ方のできる道の駅です。
詳細はこちら

・道の駅南房パラダイス
内房・房総フラワーライン沿いに位置する道の駅。
県下一の植物園と言われる「アロハ・ガーデン たてやま」に併設されています。この「アロハ・ガーデン たてやま」では、連続する大温室に熱帯植物を展示しており、様々な南国の花を見ることができます。
また特設ステージでは一年中フラダンスを鑑賞でき、千葉にいながら南国の雰囲気を味わうことができます。
冬こそ訪れてみたい場所ですね。
詳細はこちら

ロケ地

南房総エリア
実は様々な映画やドラマのロケ地となっている、南房総エリア。都心から近いこともあり、海や山や風情のある町並みを求めてやってくる人々は、移住者や観光客だけではないようです。
映画やドラマのシーンを思い出しながら、ロケ地を巡ってみたいものですね。

・磯笛公園:サマーヌード
平成25年7月〜9月の期間放送・フジテレビ月9「サマーヌード」。
「みさき潮風ビール」の巨大看板が設置された場所です。
現在は、サマーヌードロケ地マップの看板が設置されています。

・白浜運動公園:永遠のゼロ
平成25年12月21日公開、太平洋戦争末期を舞台とした映画「永遠のゼロ」。
太平洋を一望できる公園広場に、まるで本物のような空母をつくり撮影を行った場所です。
詳細はこちら

グルメ

様々な食
豊かな自然に恵まれたこの地域では、海の幸を中心とした様々な食を味わうことができます。
先ほど道の駅でご紹介したクジラをはじめ、魚のたたき「なめろう」は名物の郷土料理です。
また初夏には「房州びわ」と呼ばれるびわが店頭に並びます。
通常のびわに比べ大粒で食べごたえがあります。
また、沿岸部ではヒジキの収穫が盛んに行われており、「房州ヒジキ」も名物の一つです。
波の荒い海岸で育つため太さと柔らかさを持ちあわせているのが特徴です。ぜひ一度食べてみたいものです。

以上、館山・南房総エリアの魅力をご紹介しました。
東栄建設では、千葉・房総で田舎暮らしやスローライフを実現できる古民家物件やリゾート物件を、数多くご案内しています。
ぜひお気軽にお問い合わせください!

▲ページトップへ