千葉の田舎暮らし専門の不動産情報をお届け!千葉の田舎暮らし物件をお探しなら「千葉の田舎暮らし不動産情報専門店」

売り物件に関するお問い合わせ 電話番号 メール

田舎暮らしを始める強い味方!支援制度の活用

リゾート

よし、移住するぞ!と田舎暮らしを決断しても、都会のようには情報のとれない田舎移住はやっぱり不安も多いもの。
そんな移住希望者の不安を減らしてくれる強い味方が、各自治体による支援制度です。
今回は、あまり知られていないけれど実はお得な支援制度についてご紹介します。

千葉県の支援制度 ─住まいに関する支援

木更津市街なか居住マンション取得助成
木更津駅周辺の定住の促進と市街地の再生・活性化のため、該当する事業にて建設されたマンションの住戸を購入した方に対し交付されるものです。
こちらは、最大で50万円の交付金を受けることができます。もちろんいくつか条件があり、「街なか居住マンション建設補助事業」にて建設されたマンションであることや、住宅部部分面積が55平方メートル以上であることの他、市税に滞納がない人であることも必要です。
高額のマンション購入、50万円の助成も大きな助けとなりますよね。
木更津でマンションを購入予定の方は、対象物件かどうか一度確認してみましょう。
詳細はこちらから確認できます。
勝浦市若者等定住促進奨励金交付制度
若者の勝浦市への定住促進と地域活性化のため、若者が安心して生活できる住環境の確保支援を目的とした制度です。
対象者は若者夫婦ということですが、「若者夫婦」の定義としては、夫または妻のいずれかが満40歳以下ということなので該当する夫婦は多いかと思います。
またこちらの制度では、住宅を購入する場合と賃貸の場合の2種類があり、金額は違いますがどちらの場合も奨励金を受け取ることができるため必見です。
もちろん、定住年数等条件があるのであわせて確認しましょう。
詳細はこちらから確認できます。
市原市木造住宅耐震改修事業
耐震診断の結果、補強による耐震性能の向上が必要とされた木造住宅に対し、その一部が補助される制度です。
希望する耐震規格や建築年数に応じた助成がされます。
地震や台風等自然災害の多い現在、安心の住まいをつくるために、こういった補助があるのは非常に重要なことです。
助成を上手に使い、しっかり事前の対策を行いましょう。
詳細はこちらから確認できます。

子供に関する支援

旭市児童・母子(父子)福祉制度
旭市では、第3子以上を出産して養育する父母に20万円の出産祝金が助成されます(1年以上前からの住民登録が必要)。
その他、乳幼児紙おむつ購入券月額3,000円分が支給されるというユニークな制度もあります。
また旭市では母子・父子家庭への支援が手厚く、児童扶養手当やひとり親家庭等医療費助成等の助成があり、経済力の弱い方でも生活のしやすい体制を整えています。
こういった支援制度も、これからずっと生活していく上では重要なポイントとなりますね。
詳細はこちらから確認できます。
袖ケ浦市保育所入所待ち児童支援事業
この支援事業では、保育所の入所待ちとなってしまった児童が、一時預かり所や認可外保育所を利用した場合に、その費用の一部が助成されます。
待機児童のいないことが最も望ましい状態とはいえ、なかなか実現が難しい時代にあります。
そんな状況の中、女性が子育てをしながら仕事を続けやすい、こういった助成があるのは大切なことですね。
詳細はこちらから確認できます。

仕事に関する支援

多古町青年就農給付金
多古町では、新規の就農者(45歳未満)を対象に、1人あたり年間150万円の給付金が、最長で5年間支給されます。
多古米ややまといも等、名産品の多い多古町だけに、助成を受け地元の産業を更に盛り上げていける若い人たちがもっともっと増えていくと良いですね。
詳細はこちらから確認できます。
御宿町町内就業者家賃支援事業補助金
御宿町では、新たに移り住み農業や漁業、商工業等に就業する場合、限度額は2万円となりますが、家賃の3分の1が補助されます。
ただし、申請するに際し、定住する旨の誓約書を提出できなければなりません。
その他、年齢が45歳未満であること等条件があります。毎月家賃の3分の1が補助されるのは大きなことですので、これから御宿町に定住を検討している方には、ぜひ一度検討してみてください。
詳細はこちらから確認できます。

その他

御宿町オリジナルナンバーの交付
支援制度とは少し違いますが、ユニークなものとして、御宿町オリジナルのご当地ナンバーについてご紹介します。
御宿町では、50cc以下の原動機付自転車を対象に、マスコットキャラクターである「エビアミーゴ」の入ったご当地ナンバープレートを交付しています。
そうすることで、地域の一体感や愛着を深めるとともに、町をPRする動く広告塔の役割を担います。
原動機付自転車のナンバープレートが広告となるというのは、とてもユニークで素敵な発想ですよね。
詳細はこちらから確認できます。

以上、田舎暮らしを後押ししてくれる支援制度についてご紹介しました。
その他にも、地方により様々な制度が存在します。
お金がないから無理、と諦めずまずは調べてみることで夢の実現へと繋がるかもしれません。
東栄建設では、千葉・房総で田舎暮らしやスローライフを実現できる古民家物件やリゾート物件を、数多くご案内しています。
ぜひお気軽にお問い合わせください!

▲ページトップへ